2011年01月28日

実は今、リハビリ中です。昨年10月、野球の試合中に右腕をけがしてしまいました。一塁走者のとき、投手が牽制(けん・せい)球を投げたので、頭からスライディング……。その際に痛めてしまったんです。11月に手術をしました。

2カ月たって、だいぶ握力が戻ってきましたが、けがをしてはじめて、体の大切さを痛感しました。この場を借りて、野球チームのメンバーや病院の先生方、ご心配をおかけした皆様におわびとお礼を申し上げたいと思います。

今は少しでも早く完治するように、焦らずリハビリを頑張っています。春で3歳になる息子に、もう一度、野球をやっている姿を見せる。それが励みです。

俳優の仕事は、実際に働いている現場を子どもに見せられません。できあがった作品を見せるしかない。だから、野球というスポーツを通じて、体を動かし、汗をかいている父親を見てもらいたい。春には、軽いキャッチボールができたらうれしいですね。

    □ □ □

けがのため、東京・銀座の博品館劇場で昨年12月に予定していた舞台を延期せざるを得ませんでした。芸能生活30周年を記念した「50~パーフェクトライフ~」。楽しみにしていた皆さんをがっかりさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。できるだけ早く元の体に戻して、春には舞台に立つことを目指しています。

「50」は、演出も手がけます。共演する役者さんたちが気心の知れた人たちばかりなので、意気込みも格別です。10年前は、40歳の男たちをテーマにした舞台「40」を上演しました。今度は50歳を迎える男たちの、苦しみだったり、喜びだったり、人間模様を描きます。

    □ □ □

早いもので、刈和野(大仙市)へ戻ってきて、もうすぐ丸5年になります。自分が何をすればいいのか、何ができるのか、少しずつ分かってきました。支えてくれている周りの人々に、感謝する毎日です。

とんでもないやんちゃ坊主を、叱ったり、見守ってくれたりした人たち。そのおかげで、今の僕がある。僕ができることといったら、何かの形で恩返しすることです。

昨年暮れから、漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗るプレゼントが全国各地の児童施設などに届けられています。県内でも、文房具やランドセルなどの贈り物がありました。

強くて、優しい、正義の味方。その名を借りる発想が、すてきですよね。あえて本名を名乗らないところは、日本人らしいなって思います。日本も捨てたもんじゃないです。

僕もゴルフだったり、野球だったり、スポーツを通じて子どもたちが夢を持てることをやっていきたいと思っています。昨年は「秋田県ゴルフ親善大使」に任命されました。雪が解けたら、県内向けのゴルフ番組ができないか――などとアイデアを膨らませています。

      ◇

柳葉敏郎さんの「かだろ」は、毎月第4金曜日に掲載します。

http://mytown.asahi.com/akita/news.php?k_id=05000251101280001

創作者介紹
創作者 natsumilin 的頭像
natsumilin

Natsumi的任性園地

natsumilin 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()